難易度5謎解きアトラクション2024年明治村 ネタバレ無しのひっかかりそうな箇所

明治村 アジサイ

こんにちは、はっちです。

今年も明治村謎解きイベント最終戦である難易度5のスタートです。

難易度4が難しかっただけに難易度5はどうなることやらと、今から不安です。

なるべく涼しいうちにチャレンジしておきたいですね。

前半戦の難易度1~3に続き、本格的な難易度4、5です。(後半戦でも難易度1~3を楽しむことはもちろん可能です。)

ただし、難易度5をプレイするためには難易度4の解決印、難易度4をプレイするためには難易度3の解決印が必要ですので、

忘れないようにしてください。

明治村難易度5 05事件帖 遭遇者

どうやら今までの事件の裏には糸を引いていたものがいる様子。

明治探偵社はその正体に気が付き、犯人を突き止めることができるのでしょうか。

最初は3つの小さな謎解きから始まり、情報を得ていきましょう。

今回の難易度5はかなり歩きます。頑張っていきましょう。

飛翔盤

空飛ぶ円盤の目撃情報から、その正体を突き止めていきます。

取材1

少しわかりにくいですが、同じ場所にも出店してることに注意。二人目の証言が大きなヒントです。

取材2

気が付かないと結構難しいかなと思います。50音。

取材3

印のように■を塗りつぶし、残った文字を縦読みします。数字が3つ。

取材4

今まで出てきた情報を使って・・・なんですが、どういうことなのでしょう?

写真の位置から周辺散策(汗)

犯行計画って言ってしまっていいのでしょうか。

犬狂い

犬が盗まれる事件が多発しているとの当初から、調査に乗り出す明治探偵社。

犬は無事なのでしょうか(´・ω・)

取材1

破れた覚書はどこかでまた使いそう。分母は漢字の画数になっています。

向かう場所は大きい方の建物です。

取材2

犬の毛は特に意味はありません。(多分)

サカはシキへ、ソラはサラへ。

取材3

紙切れの一部がここで出てきました。

取材1と同じ解き方で導いてみましょう。

それにしても破れる前は何を表していたのでしょうか・・・?

取材4

犬の好物を推理するところは良いのですが、かなり分かりにくいです。

好物だけ〇で囲んでみると分かりやすいかもしれません。

〇〇ンは本当に食べるのかな・・・?

またも犯行動機がちょっと?ですが、大きな伏線になるのでしょうか。

次郎再び

太郎再びで無くて良かった。原稿はおなか一杯

以前犯行に巻き込まれた落語家、真柄亭次郎が再び渦中にいるそうです。

取材1

再び入場券の推理ですが、以前の謎は使用するわけでは無いので安心してください。

二と三はそのままですが、一が難しい。見た目の絵柄を日本語にしてみてください。

それらの白丸部分をつなげます。

取材2

一生懸命しゃべっていますが、今日の日付はこの冊子にあります。

この内容は後に大事になります。

取材3

見たことある配置かもです。

明治村のマップから探します。一番左は「東」ではなく「車」です。

取材4

今までの情報から正しい情報だけを抜き出し辿ります。

時計ではなく宝石だった。

女性ではなく男性だった。

夕暮れ時ではなく明け方だった。

答えは3文字です。

これで解明ですが、解明も何も金之助の頭の中だけの話なのは大丈夫なのでしょうか。

動機が意味不明なのは後半戦につながるからかもしれません。

3つの謎の解明から導く答え

3つの謎の答えから、再び”金之助の脳内”から答えを導きます。

絵柄をたどって読んでみます。

それでいいのかと思ってしまいますが良いそうです。

今回の謎解きは、なんだか昔の明治村探検隊を思い出します。

一つ探して、じっくり考える劇場型(っていうのかな)は、通常の謎解きイベントのようですが、それでは明治村の広さを

上手く使っていないような気がします。

次は、あっち、今度はこっち、というように、次だ次だと探し回れるのは懐かしい感じがしました。

歩きながら状況を整理できるのもいいのかもしれません。

それでは追加資料をもらって次に行きましょう。

追加資料1

追加で頂いた資料の明治村萬新聞には脱字が多くあります。誤字はありません。多分。

その脱字を想像し、文字を紙面の順番につなげると言葉になります。

脱字は漢字ではなくカタカナにするとつなぎが分かりやすいです。

そして出てくる〇という文字。この漢字を紙面を使って作ります。

続いて新聞の折り紙。若干固いですが少し折るだけです。

出てくるのは少し分かりにくいですが明治村の建物の住所です。

目的地には、犯行の証拠となるものが落ちていました。

それを受付に報告して追加資料2をゲットです。

今回はここまでです。

ですが、次は何をするのか特に指示もありません。どういうことなんだろう。。。

どうやら、怪しい現代の電話番号を使わなければいけないようです。課金とはそういうことか。。。

電話をかけたその先

記載の電話番号に電話をすると、自動音声が流れます。そして、見えなかった問い合わせ番号をプッシュ入力。

すると、再び自動音声(明治新聞社?)にてヒントをいただけます。

〇枚が〇枚に変わった場所

と聞いて、すぐにピンと来たのは、以前もここのポスター?張り紙が謎解きになったからかもしれません。奥まったところにあるわけではなく、普通に目につく場所に貼ってあります。

 

また更新していこうと思います。

かなり暑くなってきました。梅雨時は地面も滑りやすいので、履きなれた靴でいくのが良いと思います。

それでは。

コメント