リアル脱出ゲームブック ルネと不思議な箱をレビューしてみます!

 

こんばんは、謎解き~と言っていながら、大した謎解きスキルが無いはっちです^^

そんなはっちにも新境地を開拓することになりました。

その名もゲームブック。

ゲームブック自体は初めてではなく、小さい頃やっていたことはあるのですが、

印象としては。

道が別れている。どちらへ行く

右 10へ

左 232へ

右へ→落とし穴に落ちた!

GAMEOVER

みたいな理不尽な感じだったと覚えています。

今回はそんな今までのゲームブックとは一味ちがった、謎解き大手のSCRAPさんから出版された「ルネと不思議な箱」に挑戦したいと思います。

リアル脱出ゲームブック ルネと不思議な箱

SCRAPさんは脱出ゲームが有名です。多くの脱出ゲームの公演を手がけており、良質な謎解きゲームを数多く展開しております。

その中でも、通常の脱出ゲームをゲームブック形式にしたのがこのリアル脱出ゲームブック。

本の中でストーリーが進み、問題を解決して主人公を解放に導きます。

そういう謎解きをメインに展開している会社なので、面白そう!と思って最新刊であるこの「ルネと不思議な箱」を購入してみました。

ゲームブックを開いてみると、どきどきわくわくが止まりません。

ゲームブックの基本的な流れ

今回の「ルネと不思議な箱」は、行方不明になったルネの父親を探しに”むかしめぐりの町”とい言う場所に到着するところから始まります。

その町で探索(町の色々な場所が記されたパラグラフへ行く)してキーワードを集める。

色んな理由で謎を解く。

さらにキーワードを集める。

という感じで進んでいき、各章をクリアしながら進んでいくことになります。

以前のゲームブックと違うのは、途中途中で、謎を解きながら進めないといけません。

そしてゲームブックに付属している様々なオブジェクト。

ルネと不思議な箱

(写真は付属のオブジェクトの一部です)

これがまた好奇心を刺激します。

何に使うんだろう?どんな謎が待っているんだろう?

ということで、どんどん進めていくことができます。

そして最後の謎を解き、専用のWEBサイトから答えを入力することで、エンディングストーリーを読むことができる仕組みになっています。

ルネと不思議な箱 問題の難易度

序盤から終盤にかけてそれほど難しい謎は無かったのですが、最後の最後がとんでもない謎です。

それも、面白い。

普通の謎は、問題→答え。という流れなのですが、最後の謎はそうは行きません。

まず、問題どれ?から始まり、謎解き、謎解き、手を使い、謎解き、謎解き、という幾重にも重なった謎を解いて、

見事クリアとなります。

さすがに最後の問題だけ難易度はかなり高め。

ただ、道中の問題でもそうですが、大抵公式サイトにヒントが掲載されていますので、それを参考に進めると思います。

ただ最後の謎は途中までしかヒントがありません。

最後だけは頑張ってといてください。というSCRAPからの挑戦ですね。それだけの自信のある謎。ということになります。

自分は。。。最後うんうんうなった結果、結局わからず。(苦笑)

ヒント見てもわからず(汗)

何日か考え、手を使って色々と試した結果。ようやく解答できました。

まぁ、分かる人はわかるんだと思います。

ルネと不思議な箱 評価。

難易度として主観的な評価になりますがご了承ください。

5段階評価すると。

謎の難易度 2 (最後だけ5)

謎の量 3

物語の面白さ 2

という感じでしょうか。

ゲームブックに物語の面白さを求めては行けないかもしれませんが、

”他人称視点による、様々な視点で選択肢を辿り、謎を解く必要があります。”

と記載がある以上、そのあたりを重視して欲しかったなと思います。

多人称視点というから、同じ時間軸で同じ場面で違った目線で見ることで謎が明らかになっていく!

というのを想像していたのですが、そういうものではありませんでした。

各章で時間軸と共に主人公が変わるだけです。

問題としては、そこかしこに散らばっている問題の難易度が比較的低めです。

低めですが、ひらめきや発想が必要なので、結構おもしろく解かしていただきました。

プレイ時間としてはそれほど時間はかかっていないと思いますが、一気に読み進めるのはかなり大変です。それを考慮しなければ1日でも解くことはできるかなと思います。

と、そんなことを書きながら、自分は最後の謎だけは本当にしばらく考えていましたが、これを含めても7日ぐらいで終わったと思います。

ストーリーのネタバレを含む感想と辛口評価。(一度クリアした人用)

問題のネタバレはありませんが、ストーリーについては多少のネタバレを含んでおりますので、そのあたりご了承ください。基本的に辛口評価です。内容については、一度「ルネと不思議な箱」を読んでいないとわからないことはないのですが、あ~わかるわかる。と思っていただければ嬉しいなと思っています。

・誰とは言いませんが、変装が万能。とにかく万能。変装の達人なら、声色も背格好も雰囲気も本人そのまま。入れ替わって何年過ごしていても誰も気が付かないレベル。

・定期便のようでいつでも使える律儀な幽霊船

・親父すごい。時空を超えて謎を作る能力者。

・最後にぶん投げられた恋愛要素。

・目を見張る速度で成長(人格が変わる)する登場人物。

・家を捨て、父親を探しに一人で車を使って旅をする14歳が、釘一つ抜けないとは思えない。お母さんが亡くなった時に開けるべきかと。どの当たりが「不思議な箱」だったんだろう。

最初に開かない小箱。ってあるから、からくり箱みたいなのを想像していたのですが。

・途中で俗に言うノーマルエンドがあるが、なぜ用意したのか意図が見えない。なんだか伏線が放り出されっぱなしになっていた感じがします。

なんだろう。。。この未消化感。

SCRAP出版から出ている他の本も買ってみたいと思います。