なぞともカフェでブルーリフレクションをプレイしてきました!

 

なぞともカフェポスターより

今回はなぞともカフェ栄店で、

パーティキューブ ブルーリフレクション 光彩のリフレクター

というCUBEをやってきました。

ブルーリフレクションというゲーム自体は知りませんが、女の子が結構かっこかわいい。

ポスターに惹かれて、チャレンジしてしまいました。(´ε` )♪

BLUE REFLECTION なぞともカフェ コラボ

ブルーリフレクションというゲームはPS4のゲームで、魔法の力を使って、魔法少女”リフレクター”となり、ちょっとよくわかりませんが、人間の集合的無意識の世界、通称「異世界」に、潜在的な悩みの元凶が潜んでいるらしく、日菜子(主人公)たちリフレクターは問題解決のため、この異世界に飛び込んでいくことになります。その問題解決のためにはフラグメントと呼ばれる欠片を集め、固定化する必要があるようです。

長くなりましたが、今回のこのフラグラメントが大きな謎解きのカギになります。

コラボだからと言って、ゲームをしていないとわからないか?ということはなく、どちらかというと販促になぞともカフェという媒体を使っているような感じなので、とてもわかりやすく説明してくれます。

ブルーリフレクション パーティCUBEの感想

”ブルーリフレクション~光彩のリフレクター~”は制限時間20分間のパーティキューブです。

パーティキューブは、通常のキューブと違い、狭い部屋を探索して謎を解いたり、物を動かしたりするのではなく、イスが用意してあり、タブレットとそこにある問題(謎解きパズル)を使って問題を解き進めていきます。

制限時間は通常の765秒よりも長いのですが、その分、頭と手を使って解く必要があります。

手を使って解くといっても、数独やナンプレのようなものではなく、謎解きを1題ずつ解いていくような感じです。

今回の場合は、タブレットを操作し、謎を解き、答えを入力するとどんどん物語が進んでいくような感じでした。

画像はブルーリフレクション公式HPよりお借りしています。

3D映像を駆使した派手な演出は見ていて楽しかったですが、プロジェクタで映すと、ちょっと荒く見えますね^^;

ブルーリフレクション 脱出:失敗

まぁ、毎度お馴染みなので別に構いませんよ。(´ε` )

ですが、今回は悔しかった。

袋が開かない、鍵の番号は一体何?

最初の問題を4つさくさくと解いたのはいいのですが、その次の問題の意味がわからない。

一生懸命パネルとにらめっこするも、何も閃きませんでした。

そして経過すること10分(汗)

どう考えてもおかしい。とまだ使用していない袋(鍵付き)の中身を手探りで見てみると、

大きさといい、問題の内容といい、どうやらこれを使うらしい。

ただ、カギの番号がわからないので開かない。

一応なんとかして袋は開きました(※)が、残り3分。

急ぎ、問題を解いてみるも、二つ目でタイムアップでした。

(※)袋を破ったりとかそういうことはしていません(汗)

ただ、それにしても。

カギの番号は一体何だったんだろう?

袋を開けろ、という指示も無かったような。。。

ということで解説を見てみるも。

カギの番号の解読については一切触れられていませんでした。

解説の中でも4つの問題を解いたら、袋の中身が出てました(汗)

もしかしたら画面に出ていたのを見落とした?

問題を解くとカギ番号がわかる。というような物ではありませんでした(多分)ので、

恐らく物語の過程で表示されたのではないかと思いますが、全く気が付きませんでした。

まぁ、ただですね。とある問題で。

よろしく!

と出ていたにも関わらずカギ番号が4649であることに気が付かず終了してしまったぐらい自分は頭が固いので、もしかしたら何かあったのかもしれません。(^_^;)誰か教えて

悔しいですね~。

解けていれば最後ぐらいまでは行けたかもしれないのにと思うと残念です。

悔しかったのでナゾレット”100c㎡からの脱出”を買って帰りました。

くそう、うまく載せられている気がするぞ。

過去の戦績

初めての脱出Cube体験!なぞともカフェに行ってきました。
こんばんは、はっちです^^♪今回は名古屋の矢場町にある「なぞともカフェ」に行ってきました。なぞともカフェは全国にあるのですが、自分は初め