明治探検隊最終章 TRICKⅢ「ウツロウ×形」解答編その2

 

明治探検隊の最終章シリーズ。

奇術3の名前はヨミガエリ。

そしてTRICKⅢのテーマは「形」それでは1つずつ解いていきたいと思います。

公式HPでは解答が発表されていましたので、これは自分なりの感想と解答です。

トリック3 ウツロウ×形 最終回答へ

全ての線を引き終え、奇の形を読めで終わった前回。

ここで大事なのは初代奇想天のマーク。

このマークには右と下に線が引いてありました。

ですので、今回解答用紙に引かれた四角に囲まれた文字の内、右と下に線が引いてある箇所のみを読んでいくと。

「やねにみつつのとうもつばしよぼくとうのきのした」

意味がわかりません。

「屋根に見つつトウモツ場所北東の木の下」??

ただ、村内散策している時に見つけてしまいましたので、これだったのかな?と見てみると。

日本赤十字中央病院棟だとわかりました。

「みつつとうもつ」は「3つ塔持つ」ね。読めませんよコレ。

そこで見つけたモノはこんな感じで書かれていました。

矢印の先を読むと次の解読方法がわかる

矢印が書いてあります。

その矢印の向きに斜めに読んでいくと。

「てんちかえよ」

マークの右と下から、左と上に変わる。として、再度読んでいくと。

「ぐんちょうおさめるかんのやかたなんせいのあまどい」

と出てきました。

今回は読めます。

郡庁は山梨郡市役所のこと。

その南西の位置にある雨樋を見つければ良さそうです。

現地へ行って見ると。

なんかカエルさんの置物が。

その上に。

「我が奇術はまさに変幻」

これが解答でした。

TRICKⅢの感想。

一番頭を悩ませたのが「みつつのとうもつ」だったりしますが、それは置いておいて。

奇術壱の図形が何をやろうとしているのかがわかりませんでした。

何もわからずとも図形の並びからあのへん?とわかってしまったので目的物を見つけることが出来ましたが。

納得するまでに時間がかかりました。

まさか赤色のバッテンまで○になっているなんてね。

そして「奇」(奇想天のマーク)の意味もわからず、解読に時間がかかってしまいました。

もう一つは、なんだか意味の分からない設置物。

最後のカエルもそうですが、道中の造形物もお金がかかって感じがしますね。

なんでカエルだったんでしょうか。