小さな子どもに大人気、明治なるほどファクトリー東海へ工場見学に行ってきました。

スポンサーリンク

meiji

こんにちは、はっちです。

今回は静岡県藤枝市にある、アーモンドチョコレートやグミで有名な明治の工場である、明治なるほどファクトリー東海工場へ工場見学に行ってきました。

お菓子工場の製造ラインを見学できるのはもちろんですが、子供が楽しめるように色々と工夫がされていたり、また、できたてのチョコレートが試食できたりと、大人もすっかり楽しくなってしまいました。

そんな明治なるほどファクトリーを少しだけ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

明治なるほどファクトリー東海の工場見学の流れ

静岡県藤枝市にある明治なるほどファクトリー東海に到着すると、きれいなお姉さんが工場の入口でお出迎えしてくれていました。(*^^*)

工場って門があって守衛さんがいたりするので、工場に慣れていないと中々入りづらいですよね。

お出迎えがあることで安心して入れますので、すごく助かります。

 

明治 藤枝工場

 

そのまま駐車場へ案内して頂き、時間になったらホールに案内していただきました。

当日の参加者は子供含めて20名ほどかなと思います。

ホールには身長を測れるところがあるのですが、カール何個分、ミルクチョコレート何個分、など面白い基準で表示されていました。

もちろんcmでも測れます^^

私8ミルチ!(ミルクチョコレート8個分ということ)となんだか面白い。

また、合格祈願のウカールが祀られていたり。

お菓子のパッケージの歴史が表示されていたりと、始まってもいないところから楽しませてもらっています。

 

明治 藤枝工場

 

特にグミのパッケージなんかは大人心をくすぐります。

明治からグミが発売されたのが1988年。

ちょうど自分がお小遣いで色々変えるようになってきた頃です。

また、どの年代のパッケージが一番印象的かを見ていると、

あ~うまい棒とかヤングドーナッツとかを卒業してグミを食べたいと思う用になってたんだな~

などと思ったりしてしまいました。

スポンサーリンク

工場見学開始、ホールでビデオ上映の後、チョコレート工場へ

ホールでビデオ上映をした後に、ついに工場見学開始です。

まずは、明治で一番売れているアーモンドチョコレート工場へ。

工場内は写真撮影禁止ですので、実際には目で見て楽しんでください!(すみません!)

中では工場見学専用のラインが作られていて、どのような形で不良品などを見分けるかを実機で紹介してくれたり、

また、実際に作っているところの紹介では、できたてのチョコレートを汽車が運んできてくれる演出など、かなりわくわくしてしまいます。

また、アーモンドチョコレートのアーモンドの品質にはものすごく高いこだわりを持っているようでした。

確かにあのアーモンドチョコレートの中のアーモンドが崩れていたりすることって無いですよね。

米国の最高基準よりもさらに高い基準で選定をしているようです。

続いてグミの製造工程を見学しますが、こちらはすべて映像で紹介されており、実際に中を見ることはできません。

ただ、専用の通路に見学用のモニタなどが用意されており、中が見れなくても、実際に見学できたかのような工夫がされています。

スポンサーリンク

お土産とお菓子の販売

最後にお土産を頂いて解散なのですが、ここで

後ろで売店もありますので、もしよろしければ買っていってください^^

はは~ここで買わせようという魂胆か。

と思って売店を見てみると。

やっすw

スーパーで数量限定で特売しているよりも、もう少し安いぐらい。

なんだか買わないと行けなような、若干後ろ向きの気持ちでしたが、値段を見て一気に前向きに^^;

アーモンドチョコレート10箱買っていっている人もいました^^;

自分たちも思わず購入^^

帰りの車の中で美味しくいただきました^^

スポンサーリンク

明治お菓子工場のある藤枝、焼津は美味しい魚介がたくさん

今回お邪魔させていただいた東海ファクトリーは藤枝にありますが、となりの焼津ではかなり新鮮な魚介類を楽しむことができます。

当初予定では小川港河岸食堂へ行こうと思っていましたが、激混み(汗)

ノンアルコール|焼津市魚仲水産加工業協同組合
当店料理長 渾身一品 皮カリッと中はジューシー くせになりそうなまぐろ餃子

予定変更して、近くにあるまぐろ茶屋へ行くことにしましたが、こちらでもかなりおいしくマグロをいただくことができました。

焼津 まぐろ茶屋

また、近くにとても大きな白い砂場もあったり。

砂場

 

すぐそばで釣りを楽しめたり。

 

 

また、近くに深層水ミュージアムがあるのですが、外観がしょぼい(苦笑)わりに中はしっかり深海の様子が楽しめます。

 

深層水ミュージアム

 

大量のダイオウグソクムシはちょっと勘弁でしたが・・・

 

(閲覧注意:クリックすると大きくなります)

 

また、中で職員の方に教えてもらいましたが、向かいにある事務所のようなところでは、より詳しく駿河湾の様子が勉強でるように、小さな水族館みたいになっています。

 

水産技術研究所

 

え?ここ?と思うぐらい事務所っぽいのですが、

小さい魚や、ウツボ。コバンザメやカニもいました。ちょっとした水族館みたいになっています。

 

コバンザメ

(若干閲覧注意なので小さくしております)

もちろん両方とも無料で入ることができますので、気軽に入れますし、内容も小さいお子様にはおすすめです。

スポンサーリンク

明治なるほどファクトリー東海 工場見学は予約制

明治なるほどファクトリー東海の工場見学は予約制になっております。

また工場見学の際は3歳以上のお子様しか入れませんので、申し込む際には注意してください。

 

明治なるほどファクトリー東海 工場見学

明治なるほどファクトリー東海|ようこそ明治の工場見学へ|株式会社 明治
明治の工場見学情報、明治なるほどファクトリー東海の情報等をご紹介します。

全国の工場見学

ようこそ!明治の工場見学へ|株式会社 明治
明治の工場見学をご紹介します。

それでは^^

コメント