明治探偵GAME依頼書四~消えた富豪と謎の部屋~問題編

 

2016-05-30 10.47.08

平成28年に始まった明治村内の本格謎解き。

今回は明治探偵GAME四。

明治探偵GAMEで途中から追加される高難易度謎解き。これにチャレンジするには依頼書参(上級編)をクリアしている必要があります。

ここまでくると1日ではクリアするのは難しいレベルです。

明治探偵GAME。

約100万㎡の広大な敷地に、明治時代の歴史的建造物を移築、保存・展示している「博物館明治村」を舞台とした、体験型謎解きゲームです。

公式サイトにて難易度毎の解答は出されていましたが、自分の考えた経緯と感想を紹介したいと思います。

依頼書四 消えた富豪を捜索せよ!

明治探偵GAMEは明治村の村内地図が必要です。

無くてもクリアはできますが、特にどの建物がどこにあるかわかっていないととても難しく、高難度になるに連れて、建物の人物、背景にも迫る必要があります。

ぜひとも入り口で村内地図はもらってください。

ここでは依頼書「四」消えた富豪と謎の部屋の解答を書いていきたいと思います。

依頼書四

IMG_20160821_0008

ストーリーブック 表

IMG_20160814_0009

ストーリーブック1,2

IMG_20160814_0010

ストーリーブック3,4

IMG_20160814_0011

ストーリーブック5,6

IMG_20160814_0012

汚れた名刺 表

IMG_20160820_0004

汚れた名刺 裏

IMG_20160820_0005

金満家邸宅の図(トレーシングペーパー)

IMG_20160820_0002

メモ

IMG_20160821_0010

依頼書 四を見た感想

依頼書四はその難易度からかストーリーブックもページ数が増え、邸宅図に至ってはトレーシングペーパーを使うほど凝っている様子。

ですが、その分色々な情報が手に入り、考えることが多く面白いです。

そして、ストーリーブックを見る限り、これだけではない様子。

参であったように途中で追加資料がありそうですね。

 

フォローする