明治探偵GAME 依頼書五 ~怪盗は静かに嗤う~ 問題編

 

こんばんは、平成28年に始まった明治村内の本格謎解き。

今回は明治探偵GAME五。

明治探偵GAMEの中での最高難易度。依頼書四を解いた合格印がないとチャンレジできないようになっています。

明治探偵GAME。

約100万㎡の広大な敷地に、明治時代の歴史的建造物を移築、保存・展示している「博物館明治村」を舞台とした、体験型謎解きゲームです。

公式サイトにて難易度毎の解答は出されていましたが、自分の考えた経緯と感想を紹介したいと思います。

依頼書五 怪盗は静かに嗤う

明治探偵GAMEは明治村の村内地図が必要です。

無くてもクリアはできますが、特にどの建物がどこにあるかわかっていないととても難しく、高難度になるに連れて、建物の人物、背景にも迫る必要があります。

ぜひとも入り口で村内地図はもらってください。

依頼書 五

img_20160821_0008

ストーリーブック 表

img_20160821_0002

ストーリーブック2,3ページ目

img_20160821_0003

ストーリーブック4,5ページ目

img_20160821_0004

ストーリーブック6,7ページ目

img_20160821_0005

怪盗からの予告状

img_20160821_0009

現場に残された手紙 表

img_20160821_0006

現場にに残された手紙 裏

img_20160821_0007

明治探偵GAME 依頼書「五」を見て。

ついに明治探偵GAME 最後の依頼書です。

これまでの流れと同様に、たくさんの情報があり、とりあえずわかるものから手をつけていけばいいかなと思います。

全体はわかりませんが、少しずつなにか見えてくるかもしれません。

取っ掛かりがたくさんあるので、挑戦しやすい気がしますね。

 

フォローする